2013年06月18日

宮崎宏彰の必見サイエンスニュース【動物体内でヒト臓器作製…政府、研究容認へ】

宮崎宏彰が選んだ本日のサイエンスニュースです。

宮崎宏彰は、驚きの研究に関する記事をピックアップ致しました。
宮崎宏彰は、まず記事のタイトルを見て驚愕しました。
宮崎宏彰は、この研究により移植問題が解決されるだろうと期待を寄せています。
宮崎宏彰は、今後実験がどの様に運ぶのか気になっています。
宮崎宏彰は、実験の行方を追います。
サイエンスニュースをご紹介させていただくのは、宮崎宏彰です。
筆者は、宮崎宏彰です。


【動物体内でヒト臓器作製…政府、研究容認へ】

 政府の総合科学技術会議は、動物の受精卵を操作して、動物の体内で人間の臓器を作製する研究を認める方針を固めた。

 再生医学が進んで、臓器まるごとの作製も視野に入り、動物の体内で臓器を育てる研究が欠かせないと判断した。同会議専門調査会は18日の会合で、研究容認の見解案をまとめ、7月に最終決定する。

 研究は移植用の臓器を作るのが目的。受精卵から少しだけ育った段階の「胚」を使う。

 一部の臓器ができないよう遺伝子操作した動物の胚に、人間の細胞を入れて「動物性集合胚」を作る。これを動物に妊娠させ、子宮で育てると、人間の臓器を持つ動物ができるとされる。動物の遺伝子は、できた臓器の細胞には混ざらないと考えられる。

 東京大などは3年前にネズミで、今年に入ってブタで、基礎的な実験に成功。研究をさらに発展させるには、ブタの受精卵に人間のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を入れた集合胚を使う実験などが、今後必要になり、調査会で解禁を検討してきた。

2013年6月18日03時05分 読売新聞
(転載元:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130617-OYT1T01580.htm)


かなり衝撃的な内容ですよね・・・動物の体内で人の臓器が作れるなんて・・・。人類の化学はこんなところまで来てしまったのですね。しかしながら、まだまだ課題も多そうですし、倫理的な問題も発生しそうです。前途多難といったところですが、実験の行方がきになりますね。まずは第一歩。
宮崎宏彰でした。



[関連キーワード]
宮崎宏彰サイエンス 宮崎宏彰サイエンスニュース 宮崎宏彰ニュース 宮崎宏彰ブログ 宮崎宏彰 必見 宮崎宏彰 筆者 宮崎宏彰 紹介 宮崎宏彰 化学 宮崎宏彰 研究 宮崎宏彰 実験
[注目ワード]
ネット予備校 井村屋 梅雨入り 台風情報 東京メトロ丸ノ内線 あずきバー 酒井若菜 小室哲哉 ペケポン 台風4号

posted by 宮崎宏彰 at 14:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
将来的にどうなるのかきになりますね。実験成功から実際に人体への移植まではかなりの時間を要すると思いますが・・・。宮崎宏彰さんはどれぐらいの期間を要すると思いますか?
Posted by at 2013年06月18日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。